倫理法人会とは?

メインイメージ

倫理法人会とは?


私たちは企業の繁栄と職場の活性化を目指しております。
倫理法人会は、一般社団法人倫理研究所の法人会員組織です。倫理法人会は、心の経営を目指す人々のネットワークを拡げ、各種活動をとおして地域社会に寄与することを目的に、47都道府県、各市・区単位に設立されています。「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」のスローガンのもと、企業の繁栄と家庭の幸福をめざし、6万2千社を超える企業が純粋倫理を職場に取り入れています。

 その一つに月刊誌「職場の教養」を使った朝礼があります。職場を「明朗・愛和・喜働」の精神で満たし、意欲に燃えた働きがいのある環境を整え、業績の向上を目指しています。朝礼のしっかりした企業は、業績の伸びが見違えるように変わります。会員になりますと、月刊誌「職場の教養」が毎月30冊届きます。

 宮城県下には現在18団体の倫理法人会があり、それぞれ会員企業が純粋倫理を取り入れ、企業の繁栄と職場の活性化を目指しております。会員も2,500社を超えました。



貴社もご入会され、共に倫理経営を目指しませんか。


倫理法人会憲章


  倫理法人会は、実行によって直ちに正しさが証明できる純粋倫理を基底に、経営者の自己革新をはかり、
  心の経営をめざす人々のネットワークを拡げ、共尊共生の精神に則った健全な繁栄を実現し、
  地域社会の発展と美しい世界づくりに貢献することを目的とした団体である。
  これがため、以下の「活動指針」と「会員心得」を掲げる。

活動指針
【1】 倫理の学習と実践の場を提供し、よりよい生活習慣とゆたかな人間性をそなえたリーダーを養成する。
【2】 深く家族を愛し、篤く祖先を敬い、和やかでゆるぎない家庭を築く人を育てる。
【3】「明朗」「愛和」「喜働」の実践により、躍動する職場づくりを推進する。
【4】 愛と敬と感謝の経営をめざす会員の輪を広げ、各種の活動をとおして地域社会の発展に寄与する。
【5】 自然を畏敬・親愛し、「地球人」たる自覚を深め、環境の保全と美化に貢献する。
会員心得
【1】 朗らかに働き、喜びの人生を創造します。
【2】 約束を守り、信頼の輪をひろげます。
【3】 人を愛して争わず、互いの繁栄をねがいます。

7Acts(7つの基本動作) 


  社会生活に必須の基本動作を、日常の生活を通じて体得できるように、七つの実践項目に集約したものです。
  すべて「あたりまえのこと」ですが、実行が難しいことから、「偉大なる常識(グレートセオリー)」と呼んでいます。

1.あいさつが示す人がら、躊躇せず先手で明るくハッキリと。
あいさつ上手はつきあい上手です。あいさつが下手な人は人間関係で大損をします。
人を尊敬し人を愛する真心の発動があいさつです。自分から先に、明るいハッキリした声と表情で行なう習慣をつけましょう。


2.返事は好意のバロメーター、打てば響く「ハイ」の一言。
間髪入れずに「ハイ」という返事をされたら、誰しも気持のいいもの。なぜなら、好意の表現だからです。また、返事した人も、それによって心に明瞭な区切りがつきます。

3.気づいたことは即行即止、間髪いれずに実行を。
やろうと思ったらサッとやる。やめようと思えばサッとやめる。ぐずぐずしただけ物事はスムーズに運びません。
気づいたことを、そのつど適確に処置していけば、心にかかることがなく、常に実力を発揮できます。


4.先手は勝つ手5分前、心を整え完全燃焼。
約束の時間に遅れないというだけでなく、早め早めに行動し、始まるのを待つことが完全燃焼のコツです。
少なくとも5分前には決められた場所に行き、心を整え呼吸を整え、満を持して事に臨む習慣をつけましょう。


5.背筋を伸ばしてアゴを引く、姿勢は気力の第一歩。
正しい心は正しい姿勢に保たれるものです。ふしだらな卑俗な姿勢には、積極的、建設的な心の宿りようがありません。腰骨をしっかり立て、あごを引いた姿勢から、気力が漲ってきます。

6.友情はルールを守る心から、連帯感を育てよう。
集団生活では、一人のルール違反が大きなマイナスになります。
約束事を守り、その場のエチケットを、一人一人がしっかり守るときに、集団の力が発揮されるのです。


7.物の整理は心の整理、感謝をこめて後始末。
後始末は、物や環境をもとの状態にもどすというだけでなく、感謝の表現であり、次の働きのスタートでもあります。つまり、心に区切りをつけて、そのつど100パーセントの力を発揮する重要な生活実践なのです。



万人幸福の栞 17ヶ条


1.今日は最良の一日、今は無二の好機 〜日々好日〜
2.苦難は幸福の門 〜苦難福門〜
3.運命は自らまねき、境遇は自ら造る 〜運命自招〜
4.人は鏡、万象はわが師 〜万象我師〜
5.夫婦は一対の反射鏡 〜夫婦対鏡〜
6.子は親の心を実演する名優である 〜子女名優〜
7.肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号 〜疾病信号〜
8.明朗は健康の父、愛和は幸福の母 〜明朗愛和〜
9.約束を違えれば、己の幸を捨て他人の福を奪う 〜破約失福〜
10・働きは最上の喜び 〜勤労歓喜〜
11.物はこれを生かす人に集まる 〜 万物生々〜
12.得るは捨つるにあり 〜捨我得全〜
13.本を忘れず、末を乱さず 〜反始慎終〜
14.希望は心の太陽である 〜心即太陽〜
15.信ずれば成り、憂えば崩れる 〜信成万事〜
16.己を尊び人に及ぼす 〜尊己及人〜
17.人生は神の演劇、その主役は己自身である 〜人生神劇〜

参加はこちら

検索窓
ログイン

宮城県倫理法人会 顧問 村井宮城県知事
Copyright 仙台広瀬倫理法人会 All Rights Reserved.

合計903,907件 (2011.11.30〜) 今日1,311件 昨日390件